覇王別姫(はおうべっき)
~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  ▽DOWN  ▲TOP
満員御礼となりました。ありがとうございます。
当日券が出る可能性がありますので、当日の12時以降に下記までお問い合わせください。
080-3486-3352(梅木)

「能楽」と「京劇」 アジア伝統芸能・新境地への挑戦

「覇王別姫(はおうべっき)~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~」イメージ

日本の伝統芸能「能楽」と中国の伝統芸能「京劇」
どちらもユネスコ無形文化遺産に登録されたアジア伝統芸ながら、
かたや能面をつけ、ゆったりと神秘的な「幽玄」の様相を見せる『静』。
かたや派手な衣装と化粧で、銅鑼が鳴り響く中激しく立ち回る『動』。
その相反する性質をあえて融合させることで、
新たなアジア伝統芸術を創造するプロジェクトです。

平成26年度テアトルフォンテ・アズビル・アワードにて初演を迎えた
夢のコラボレーションが、満を持して世田谷に登場です。

「覇王別姫(はおうべっき)~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~」舞台写真1 「覇王別姫(はおうべっき)~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~」舞台写真2 「覇王別姫(はおうべっき)~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~」舞台写真3
<クリックで画像拡大します>
日本「能楽」×中国「京劇」2つの伝統が融合する舞台をプロの撮影で映像化したい! CAMPFIREでご支援受付中

『覇王別姫(はおうべっき)~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~』チラシ表

『覇王別姫(はおうべっき)~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~』チラシ裏

「覇王別姫(はおうべっき)
~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~」

■2017年5月13日(土)
開場 17:30 / 開演 18:00

※全席指定、字幕付き

会場:成城ホール
世田谷区成城6-2-1
[交通アクセス]
小田急線「成城学園前」
徒歩4分

[出演]
項羽:張春祥
虞姫(能):西村高夫
虞姫(京劇):張桂琴

演出:張春祥
主催:新潮劇院
共催:成城ホール(株式会社アクティオ)
後援:中国大使館文化部/世田谷区

[チケット]
一般:4,300円 / 世田谷区民:3,800円
学生:1,500円

[チケット取扱]
■新潮劇院ホームページ
■イープラス
■成城ホール 事務局

悟空倶楽部
悟空倶楽部優待販売
会員:3,500円

能楽師 西村 高夫
能楽師 西村 高夫
観世流シテ方。1976年、銕仙会に入門。
八世観世銕之亟、観世寿夫、山本順之に師事。
1978年 〈土蜘蛛〉のトモで初舞台。
1982年独立.。現在は銕仙会理事として活躍。
世阿弥座などの海外公演にも多数参加。
1991年 清水寛二と「響の会」を結成。


虞姫(能) イメージ
◆ 京劇演目「覇王別姫」について ◆
京劇「覇王別姫」(写真:木村武司/項羽:張春祥、虞姫:張桂琴)
<京劇「覇王別姫」> 京劇「覇王別姫」の剣舞(写真:井田裕明/虞姫:張桂琴)
<京劇「覇王別姫」の剣舞>

「覇王別姫」は、かつての女形の名優
「梅蘭芳」のために創られた
京劇を代表する名演目です。

中華の覇権を争った「項羽と劉邦」の物語より
『四面楚歌(しめんそか)』の故事でも有名な
項羽と后・虞姫の別れの場面を描いたもので
チェン・カイコー監督の映画「さらばわが愛、
覇王別姫」でもモチーフとして用いられ、
一躍有名となりました。

今回の創作コラボレーションはこの演目を
題材として、新しい表現を創作した
内容となります。

明治大学教授 加藤徹先生によるワークショップ
◆  能楽と京劇 伝統芸能の様式について ◆

上演前に日中伝統芸能の様式の違いや共通点・見所などを、
明治大学教授で京劇研究の第一人者である
加藤徹先生にレクチャーしていただきます。

加藤徹
1963年、東京生まれ。
2002年『京劇』でサントリー学芸賞受賞。
主著に「京劇」 「梅蘭芳 世界を虜にした男」「絵でよむ漢文」など

■ホームページ [京劇城]

明治大学教授 加藤徹