新潮劇院 京劇公演
『刺巴傑・貴妃酔酒』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  ▽DOWN  ▲TOP

ようこそ、中国伝統芸能「京劇」の世界へ

新潮劇院 京劇公演『刺巴傑・貴妃酔酒』イメージ

京劇をまだご覧になったことのない方、はじめまして!
そして戯迷(シーミィ・京劇好き)の方々には
お待たせをいたしました。
世田谷を拠点にして京劇普及活動を続けて23年目、
新潮劇院は今年も世田谷にて京劇公演を開催致します。

今回は武丑(ウーチョウ・立ち回る道化役)の
京劇俳優・劉佳が新潮劇院のステージに初登場!
彼がもっとも得意とする日本初上演の武劇をお届け致します。

そして、劇団の創立メンバーであり名優・張君秋の孫である
盧思が傾国の美女・楊貴妃を熱演します。

加藤徹平林宣和の両先生による京劇レクチャーもあり。

日中双方の芸術を愛してやまない我々だからこそできる
在日京劇団ならではの京劇公演をぜひお楽しみください。

新潮劇院 京劇公演『刺巴傑・貴妃酔酒』チラシ表

新潮劇院 京劇公演『刺巴傑・貴妃酔酒』チラシ裏

新潮劇院 京劇公演
『刺巴傑・貴妃酔酒』

■2019年5月26 日(日)
開場 15:00 / 開演 16:00

※全席指定、字幕付き

[会場]
北沢タウンホール
世田谷区北沢2-8-18
[交通アクセス]
小田急線・京王井の頭線「下北沢」
徒歩5分

[出演]
盧思、劉佳、劉東風、程孫耘侯偉
石山雄太、黄鑫洋、茶谷力輝、
樋口理世、張飛鳳、竹口美鈴、貴船惠子、
野口友椰

[レクチャー]
加藤徹(明治大学教授)
平林宣和(早稲田大学教授)

[スタッフ]
演出:張春祥
監修:張桂琴
字幕:安藤弘人/宇都宮房子
着付:チャンチンホイ
司会:張烏梅
企画・制作:梅木俊治

[チケット]
一般:4,300円 / 世田谷区民:3,800円
学生:2,000円 / (FC:3,500円)

チケットのお申し込みはこちら

[後援]
中国大使館文化部
世田谷区

刺巴傑(しばけつ・ツーバージェ)

京劇 刺巴傑(胡理:劉佳)

劉佳

明代の任侠小説「绿牡丹」の一節。旅
をしていた駱宏勛(らくこうくん)は、
妻を奪おうとやってきた巴傑(ばけつ)と
諍いの末、誤って刺し殺してしまいます。

駱は逃げる途中でたまたま同門である
胡璉(これん)の弟・胡理(こり)が営む宿屋で
かくまってもらいます。

一方、巴傑の死の知らせを受けた
母親・馬金定(ばきんてい
息子の仇を探して胡理の宿へとやってきます。

武丑(ウーチョウ・立ち回る道化役)と
武旦(ウーダン・立ち回る女性役)による
素早い立ち回りが見所。

胡理:劉佳(りゅうけい・リュージァ)
中国国家京劇院で活躍した国家二級俳優。劉習中、張春華などの名優に師事。2008年第6回CCTV全国青年京劇演員電視大賽銀賞受賞。専門は素早いアクション・立ち回りを得意とする難役・武丑。

貴妃酔酒(きひすいしゅ・グーフェイズイジウ)

京劇 貴妃酔酒(楊貴妃・盧思)

盧思

唐代の皇妃・楊貴妃は玄宗皇帝と
酒宴の約束を取り交わしたものの、
皇帝は約束を忘れて別の女性が待つ宮へ。
知らせを受けた楊貴妃は嫉妬のあまり一
人で酒を飲み、大いに酩酊すると
一人寂しく宮へ帰っていきます。

ほぼ全編が主演一人による演舞で、
表向きとして皇帝の寵姫としての
美しさ・気品・気位を持ちつつ、
女性として内面に寂しさを抱える、
という心の機微を唱や表情で繊細に
描くため俳優には相応の力量が
求められます。

かつての女形の名優「梅蘭芳」の代表作の
一つであり、今年百周年となる初訪日公演では
大いに日本の観客を魅了しました。

楊貴妃:盧思(ろし・ルースー)
国宝級の京劇女形「張君秋」の孫
祖父の影響を受け、12歳で
中国戯曲学院京劇コース入学。
青衣(チンイー・成人女子)と花旦(ホワダン・
未婚の少女)を専攻し、中国国家京劇院を
はじめとして多くの公演に参加。
1997年に来日し、京劇俳優として活躍する傍ら
東京芸術大学日本画コース修士課程を修了。
日本画家としても活躍。日中両国で個展を開催。
国立静岡大学人文学部・日本大学国際関係学部
非常勤講師担任。

京劇ワークショップ

各演目上演演前に京劇の様式や見所などを、
日本での京劇研究の第一人者である
加藤徹平林宣和の両先生にレクチャーしていただきます。

加藤徹
1963年、東京生まれ。
2002年『京劇』でサントリー学芸賞受賞。
主著に「京劇」 「梅蘭芳 世界を虜にした男」 「絵でよむ漢文」など

■ホームページ [京劇城]

明治大学教授 加藤徹
平林宣和
1966年生まれ。
主著に「京劇俳優の二十世紀」、 中国都市芸能研究会叢書03 『近現代中国の芸能と社会 皮影戯・京劇・説唱』など。
早稲田大学教授 平林宣和
京劇唱クラス・世田谷こども京劇団による発表

世田谷こども京劇団による発表
京劇唱クラによる発表

開場中となります15:15~15:45には
新潮劇院が開催しております唱クラス
世田谷こども京劇団による発表があります。

日本の地で中国伝統芸能に取り組むのは
生半可なことではありませんが、
それぞれが努力を重ねて参りました。
お時間のある方は、ぜひお早めに会場まで
お越しいただき、熱演する彼らに温かい
声援をいただきますと幸いです。

そして「一緒にやってみたい!」と
感じられましたらば各教室にもご参加を。
教室の詳細はこちら

△UP    ▲TOP