ロゴ新潮劇院・一般財団法人 日本京劇振興協会

【9/5に延期】東アジア古典芸能の響演~伝統芸能フェスティバル2020(2020.09.05)

東アジア古典芸能の響演~伝統芸能フェスティバル2020
トップ > イベント・公演 > 【9/5に延期】東アジア古典芸能の響演~伝統芸能フェスティバル2020(2020.09.05)

東アジア古典芸能の響演
~伝統芸能フェスティバル2020

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴うイベント延期のお知らせ

新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、9/5(土)の振替公演となりました。尚、お買い求めいただいたチケットは、そのまま振替公演で使用していただけます。

詳細

http://midori-artpark.jp/detals/000257.php

日本、中国、韓国、モンゴル各国の古典芸能を一日で楽しめる公演に新潮劇院も出演。演目は石山雄太張飛鳳による「孫悟空 扇を借りる」


公演情報

日時
2020年9月5日(土) 
開場 13:30 / 開演 14:00
会場
みどりアートパーク
横浜市緑区長津田2-1-3
JR横浜線,東急田園都市線「長津田」 徒歩3分
出演
新潮劇院:石山雄太、張飛鳳、竹口美鈴
岡本 房雄(能楽)
琉舞 鶴之会 野原千鶴琉球舞踊研究所(琉球古典舞踊)
趙寿玉チュムパンの会(韓国伝統舞踊)
梅木 秀徳(馬頭琴/ホーミー)
※エミ・マユーリ(南インド古典舞踊)につきましては、代替日の調整がつかず出演が叶いません。
詳細はみどりアートパーク・ホームページ参照
京劇前説
張烏梅(一般財団法人日本京劇振興協会 常務理事)
入場料
2,500円(全席自由)
※当日13時より入場整理券を配布します。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
主催
みどりアートパーク
チケット申込
アートパークチケットサービス(オンラインチケット販売)
東アジア古典芸能の響演~伝統芸能フェスティバル2020 チラシ
東アジア古典芸能の響演~伝統芸能フェスティバル2020 チラシ


演目情報

京劇「孫悟空 扇を借りる(原題:借扇)」

京劇 孫悟空 扇を借りる(鉄扇公主:張飛鳳/写真:井田裕明 孫悟空:石山雄太/写真:木村武司)
京劇 孫悟空 扇を借りる(鉄扇公主:張飛鳳/写真:井田裕明 孫悟空:石山雄太/写真:木村武司)

日本でも人気のある「西遊記」の一節。天竺へと向かう三蔵法師一行の道中を、炎燃え上がる「火焔山」が行く手を遮ります。土地神から「この火を消すには鉄扇公主の持つ芭蕉扇が必要」と聞いた孫悟空は筋斗雲に乗って鉄扇公主の元へとやってきます。しかし、かつて息子を退治されたため孫悟空を恨んでいる鉄扇公主は芭蕉扇を貸そうとせず、戦いになります。

孫悟空が筋斗雲に乗って進む様子を京劇様式「走辺(ゾウビェン)」で表現します。また、鉄扇公主との掛け合いの唱双剣・棒による立ち回りは見ごたえがあります。

孫悟空:石山雄太(いしやまゆうた)
京劇俳優 石山雄太
京劇俳優 石山雄太

東京生まれ。小学生のとき、中国から来日した京劇団の公演で孫悟空を見て以来、京劇に魅了され、高校を卒業後、中国に渡り、京劇を指導する最高教育機関「中国戯曲学院」に留学。卒業後は中国トップの京劇院・中国京劇院(現・中国国家京劇院)に入団し、京劇界初となる外国人(日本人)の京劇俳優となる。2008年、北京京劇院日本公演「西遊記~無底洞の巻」に孫悟空役で主演。現在は中国・日本の両国で活躍している。専門の役柄は立ち回りを交えた幅広い演技力を要求される道化役「武丑(ぶちゅう)」

鉄扇公主:張飛鳳(ちょうひほう)
京劇俳優 張飛鳳
京劇俳優 張飛鳳

東京生まれ。学生の頃より京劇を学んだ後、新潮劇院の研修制度創立メンバーとなる。中国戯曲学院でも講師を務めた張桂琴の薫陶を受け、女性役(武旦、青衣)・美少年役(小生)など幅広い役柄をこなす。現在では劇団の主要メンバーとして、全国の舞台・学校などで活躍している。


前説:張烏梅(チャンウーメー)

京劇俳優 張烏梅
京劇俳優 張烏梅

日本人京劇俳優。新潮劇院京劇教室設立時からのメンバー。主宰・張春祥に師事。「文丑(ぶんちゅう:会話専門の道化役)」として舞台出演をする傍らプロデュース、制作、楽曲作成、演出など団体運営全般を統括する。司会進行・京劇レクチャーも担当。奥深い知識を道化役らしい軽妙な語り口で解説し、初心者にもわかりやすいと毎回好評を博している。一般財団法人 日本京劇振興協会 常務理事


Twitter投稿

ページのトップへ戻る