ロゴ新潮劇院・一般財団法人 日本京劇振興協会

日本京劇芸術祭2023(2023.01.07)

日本京劇芸術祭2023
トップ > イベント・公演 > 日本京劇芸術祭2023(2023.01.07)

日本発信!中国伝統芸能「京劇」の祭典

日本発信!中国伝統芸能「京劇」の祭典
日本発信!中国伝統芸能「京劇」の祭典

2023年の年明けに開催するのは前回の開催でもご好評をいただいた日本で京劇を学ぶ日本人・在日中国人と世田谷こども京劇団が主演を務める京劇公演。いずれも京劇を代表する名演目で張烏梅による初心者にも見所をわかりやすく解説する京劇レクチャーつき。更に今回は一般の参加者も募集。2回のワークショップを受けた後、本物の京劇衣装・メイクで孫悟空と舞台共演します。スペシャルゲストには日本を代表する京劇俳優・石山雄太と新潮劇院の草創期より活躍しているチャンチンホイ

公演情報

日時
2023年1月7日(土)
開場 18:00 / 開演 18:30
※全席指定、字幕付き
会場
北沢タウンホール
出演
竹口美鈴、貴船惠子、郭江、南部快斗(劇団「隕石のかけら」)、小林孝徳、西山雅志、野口友椰、李伯強、崔馨予、竹村みさ、他
[特別出演]石山雄太、チャンチンホイ
スタッフ
演出・総監修:張春祥/京劇指導:張桂琴/企画・制作:梅木俊治
チケット
一般:4,000円
世田谷区民:3,000円
学生:1,000円
後援
世田谷区教育委員会
助成
せたがや元気出せArtsプログラム
公益財団法人お金をまわそう基金
感染防止対策について
こちらをご確認ください。
日本京劇芸術祭2023チラシ表
チラシ表
日本京劇芸術祭2023チラシ裏
チラシ裏


演目情報

二将軍

京劇 二将軍
京劇 二将軍
馬超:南部快斗(劇団「隕石のかけら」)、李伯強 (世田谷こども京劇団)
張飛:小林孝徳、野口友椰 (世田谷こども京劇団)
劉備:西山雅志

「錦馬超」の異名を持つ三国志きっての猛将・馬超と劉備の義弟で暴れん棒の張飛が一騎打ちを繰り広げる見所満載の武劇。豪華な鎧をまとった派手な立ち回りを世田谷こども京劇団の二人、そして鎧を脱いでの軽快な夜戦パートを、今、最も勢いがある若手日本人俳優が演じます。新潮劇院主宰・張春祥の持ち演目を引き継ぐ次代の俳優たちによるオープニングアクトは迫力満点。ぜひ、ご期待ください。


貴妃酔酒(きひすいしゅ)

京劇 貴妃酔酒(写真:木村武司)
京劇 貴妃酔酒(写真:木村武司)
楊貴妃:竹口美鈴

「世界三大美人の一人」「傾国の美女」と呼ばれる楊貴妃が主役となる演目。優雅な舞いに合わせた唱が特徴で、かつての女形の名優・梅蘭芳(メイランファン)の持ち演目でもあります。その美しい旋律は長く京劇愛好家に愛され、誰もが口ずさむ定番となっています。


扈家荘(こかそう)

京劇 扈家荘(写真:木村武司)
京劇 扈家荘(写真:木村武司)
扈三娘: 貴船惠子

伝奇小説・水滸伝の一節で美将軍・扈三娘(こさんじょう)が出陣する様子を描きます。「起覇(チーバー)」と呼ばれる勇壮な登場様式と、長い羽根飾り「翎子(リンズ)」・槍・馬鞭を巧みに使いながらの唱が特徴。「刀馬旦(ドウマダン)」と呼ばれる唱と武を兼ね備えた役柄が演じる難演目で、指導者・張桂琴が得意とする演目の一つとなります。


覇王別姫(はおうべっき)

京劇 覇王別姫(写真:木村武司)
京劇 覇王別姫(写真:木村武司)
虞姫: 郭江、竹村みさ

かつての名優・梅蘭芳のために書き下ろされ、その大胆なアレンジが一大センセーションを巻き起こして京劇の定番となった名演目。チェン・カイコーが監督したレスリー・チャン主演の映画「さらば、わが愛/覇王別姫」 のモチーフとしても用いられ一般にも一躍有名となりました。 郭江は梅蘭芳やレスリー・チャンと同じく「男旦(男性が演じる女性役)」としてこの演目に出演します。


売水(マイシュイ)

京劇 売水
京劇 売水
梅英: 崔馨予(世田谷こども京劇団)

お嬢様の恋のキューピット役を務める侍女が主役の演目。劇中の唱を小学生が演じます。この時期だからこそ見られる可愛らしい姿をぜひご覧ください。



共演型京劇「孫悟空 桃を盗む」

京劇「孫悟空 桃を盗む」
京劇「孫悟空 桃を盗む」
孫悟空:石山雄太[特別出演] 土地神:チャンチンホイ[特別出演]
青龍:小林孝徳 白虎:南部快斗(劇団「隕石のかけら」)、他

孫悟空が活躍する「西遊記」の一節。孫悟空が三蔵法師と出会う前のまだ暴れん坊だった頃の話をテーマにした伝統京劇を一般市民が共演できるスタイルにアレンジ。中国国家京劇院で活躍した唯一の外国人(日本人)俳優、石山雄太を主演に迎え、子供から大人まで幅広い年代が同時に楽しめるよう構成されています。文化庁「 巡回公演事業 - 文化芸術による子供育成推進事業」を始めとして全国100ヵ所以上で好評を博した参加型京劇公演。ぜひ観客・共演者としてご参加ください。

孫悟空 桃園に来る

孫悟空と土地神(孫悟空:石山雄太、土地神:チャンチンホイ)
孫悟空と土地神(孫悟空:石山雄太、土地神:チャンチンホイ)

岩から生まれた妖怪猿の孫悟空は神通力という魔法、如意棒という武器を手に入れて好き勝手に振る舞っていました。これを危険視した天の神々は孫悟空を天国に呼び寄せて監視しようと考え「天界の桃園の管理人」という仕事を与えます。神になりたかった孫悟空は喜んで天界までやって来ましたが、自分がこの桃を食べる宴席には呼ばれないことを知って腹を立てます。「蟒(マン)」という上級役人が着る豪華な衣装が特徴。

孫悟空 桃を偸(ぬす)む

孫悟空 桃を偸む(孫悟空:石山雄太)
孫悟空 桃を偸む(孫悟空:石山雄太)

西王母が開催する聖誕祭「蟠桃会(ばんとうえ)」の会場に一足先にやってきた孫悟空は、勝手に神酒・仙桃を食べつくします。顔の細かい筋肉まで使いつくしたパントマイムによって飲食の様子を表現し、猿とも人ともつかない孫悟空らしい動きを見せるのが見所となります。

孫悟空 金丹を盗む

孫悟空 金丹を盗む(孫悟空:石山雄太)
孫悟空 金丹を盗む(孫悟空:石山雄太)

天国から逃げ出そうとしていた孫悟空ですが、酔っぱらっていたので到着したのは太上老君が住まう「兜率宮(とそつきゅう)」。太上老君が蟠桃会に出かけているのをいいことに勝手に上がりこみ、貴重な霊薬「金丹(きんたん)」を食べつくします。ここでも孫悟空らしい、やんちゃな食べっぷりが堪能できます。

大戦

大戦(孫悟空:石山雄太、青龍:小林孝徳、白虎:南部快斗[劇団「隕石のかけら」])
大戦(孫悟空:石山雄太、青龍:小林孝徳、白虎:南部快斗[劇団「隕石のかけら」])

天神々は孫悟空が蟠桃会を荒らし、貴重な金丹を食べつくしてしまったことを知ると大変に怒り、十万の天軍を率いて孫悟空を退治しに向かいます。一方、孫悟空も故郷の花果山(かかざん)に帰ると、手下の小猿たちと共に神々を迎え撃ちます。大立ち回りや棒回しなど派手なアクションが満載のクライマックス。

共演者ワークショップについて

京劇 共演者ワークショップ
京劇 共演者ワークショップ

事前の演技指導を受けて、本番の日には本物の京劇衣装・メイクで舞台に登場。石山雄太演じる孫悟空と共演します。演じていただくのは天兵・仙童・子猿の三種類。親子連れ、子供だけでの参加、大人だけの参加など色々なスタイルでご参加いただけます。指導日程は12/27(火)1/5(木)の18:30~20:30。会場は北沢タウンホール・集会室

詳細はこちらをご確認ください。

特別出演・指導者プロフィール

[特別出演]石山雄太

石山雄太
石山雄太

東京都浅草生まれ。小学生のとき来日公演の京劇「孫悟空」を見て以来京劇に魅了され 高校卒業後、中国戯曲学院(中国で京劇を専門に教える唯一の大学)に留学。卒業後は 中国トップの京劇団・中国京劇院(現・中国国家京劇院)に所属。京劇界初の外国人の 京劇俳優として活躍。帰国後、京劇普及のため精力的に公演活動を続ける。 専門の役柄は立ち回りを交えた幅広い演技力を要求される道化役「武丑(ぶちゅう)」。 2017年より立教大学兼任講師を務める。

[特別出演]チャンチンホイ

チャンチンホイ
チャンチンホイ

1991年から中国伝統劇京劇を北京で北京京劇院俳優・欒祖迅師に学ぶ。 2001年、国際京劇・崑曲大会(中央電視台主催)で金龍賞受賞。新潮劇院には草創期より関わり、日本語セリフ導入・日本人向け演出の基礎を作った。京劇現在は布袋戲(ほていぎ)人形劇團「著微(チョビ)」を主宰し、横浜中華街・悟空茶荘で毎週木曜日にライヴ活動ほか全国で活躍中。

京劇指導:張桂琴(ちょうけいきん)

京劇指導 張桂琴
京劇指導 張桂琴

中国戯曲学院大学演劇学科卒業、同大学院を修了。山西省京劇団で京劇俳優として活躍する一方、14年間にわたり母校演劇科の教員を務め、日本や韓国でも京劇の特別講師を務める。新潮劇院では研修生専任の講師。

演出・総合監修:張春祥(ちょうしゅんしょう)

演出・総合監修 張春祥
演出・総合監修 張春祥

新潮劇院主宰。一般財団法人日本京劇振興協会代表理事。祖父の代から京劇を家業とする京劇一家の三代目。自身も北京京劇院に13年間所属し主演を務め、1989年来日後は、中島みゆき「夜会」、蜷川幸雄演出・東山主演「さらばわが愛・覇王別姫」などをはじめとして、舞台、ミュージカル、TV、映画、振り付け、立ち回り指導、ワークショップなどで活躍。1996年から京劇団「新潮劇院」を主宰する

京劇レクチャー 張烏梅(チャン・ウーメー

京劇レクチャー 張烏梅
京劇レクチャー 張烏梅

一般財団法人日本京劇振興協会常務理事。新潮劇院の京劇教室創立より張春祥に師事。日本人京劇俳優として出演と司会をこなし、裏ではプロデュースから制作全般を担う。

会場地図

北沢タウンホール 地図

北沢タウンホール

住所

世田谷区北沢2-8-18

交通アクセス

小田急線・京王井の頭線「下北沢」徒歩5分

あああああ
ページのトップへ戻る